原付バイクの買い替え手続き|必要なものや書類など

原付バイクの買い替え手続き|必要なものや書類など

原付バイク買い替え手続き

 

原付バイクを買い替える場合、色々な手続きを行う必要があります。その手続きには、必要な書類もいくつかあります。

 

また、保険関連は普段あまり気にしていないで乗っているので、「どうすればいいのかよくわからい」という方も多いことでしょう。

 

今回は、「原付バイクの買い替え手続き」についてのお話です。※50cc未満の原付バイクから同じ排気量の原付バイクへの買い替えです。

 

ディーラーやバイク店で買い替える場合

基本的に、ほとんどの手続きを代行してくれますが、下記書類が必要です。(当然費用は掛かりますが)

 

・標識交付証明書
・自賠責保険証明書
・身分証明書(運転免許証・保険証・パスポートなど)
・印鑑

 

任意保険にご加入されている場合は、ご自身で保険会社に連絡し、「車両入替」を行う必要があります。そうしないと、新しいバイクが補償の対象になりませんので必ず行ってください。

 

保険会社によって手続き方法が若干変わりますので、買い替える前に確認、手続きをしておきましょう。

 

自分で手続きを行う場合

廃車手続き

市区町村の役所で手続きを行います。

 

・取り外したナンバープレート
・標識交付証明書
・印鑑(認印)
・廃車申告書(市区町村の役所の窓口で入手)

が必要です。手続きが完了すると、「廃車証」をもらえます。

 

自賠責保険の切り替え手続き

自賠責保険は、自動車損害賠償保障法(自賠法)によって、原則としてすべての自動車(二輪自動車・原動機付自転車を含みます。)に加入が義務づけられている保険です。

 

当然原付バイクも対象です。未加入のまま運行すると厳しい罰則がありますし、万が一の事故の際、すべて自費で負担することになります。

 

ですので、自賠責保険の手続きは必須です。

 

自賠責保険が残っている場合は、車両の入替を行います。保険会社に、

・印鑑
・自賠責保険証明書
・原付バイクの廃車が確認できる書類
・新しい車両が確認できる書類
・保険標章(ステッカー)

をもっていって手続きを行います。間違いのないように、こちらも事前に保険会社に確認しておきましょう。

 

古いステッカー(シール)を、そのまま手続きもせずに新しいバイクの張り付けるのはNGです。全く意味をなしませんので、やめておいてください。

 

純正パーツもそろえておこう

こだわりがあって、マフラーなどの純正パーツを交換している方もいらっしゃると思います。

 

その場合、純正パーツが残っていれば、買い替えの際にも用意しておきましょう。

 

せっかく高いお金をかけて購入した社外パーツも、お店によっては下取りや買取の査定では「マイナスポイント」になることもあるからです。

 

逆にカスタムバイクを得意としているお店では、純正パーツよりも高く査定してもらえる可能性もあります。

 

バイクの買い取り価格は、お店によって大きく異なる!

原付バイクの買い替えを考えだしたら、まずは愛車の今の査定相場を調べておきましょう。

 

そうしないと、次に買うバイクにかけれるお金の算段ができません。

 

ただ、新車であれば定価もあるので、どこで買うかは値引きやサービス品で比べることができます。

 

でも、愛車の査定金額はお店によって大きく異なります

 

こんな感じです。
原付バイク査定金額

 

なぜこんなに違いが出るかと言えば、それぞれのお店によって「得意分野が違う」からです。

 

排気量の大きなカスタムバイクが得意なお店、オフロード車専門のお店、原付バイクが得意なお店、などそれぞれ特徴があります。

 

愛車の原付を高く売るなら、どのタイプのお店に売るべきか?もうお分かりですよね。

 

当然、原付バイクが得意なお店です。

 

でも、そんなお店を1軒1軒探すのも大変です。時間も労力もかかります。

 

こちらのサイトを使えば、1回の簡単な入力で探すことができます。

 

バイク買取一括見積り

 

入力後すぐに、愛車の今の査定相場も教えてくれます。査定相場を事前に知っていれば、実際の査定額が出た時に「妥当かどうか」を判断できます。

 

安く買いたたかれることを防げるのです。

 

無料で使えますので、一度試してみてはいかがでしょうか。