原付バイクのタイヤ交換時期って?料金ってどれくらい?

原付バイクのタイヤ交換時期

原付バイクのタイヤ交換時期

 

原付バイクのタイヤも消耗品です。すり減ってきたり劣化してくると、当然交換が必要です。

 

交換すべきタイミングはどのように見極めればよいのでしょうか。また、交換料金やタイヤの価格も気になりますよね。

 

今回は、原付バイクのタイヤ交換時期、料金についてまとめてみました。

 

タイヤの寿命って?

タイヤの寿命を考えた場合、「走行距離「耐用年数」がポイントになってきます。

 

使用するタイヤの種類によっても異なりますので、目安としてお考え下さい。

 

走行距離で考えると

これは、普段の走り方やタイヤの種類によってかなり異なってきます。

 

急ブレーキや急発進アクセル全開!を繰り返していると、当然タイヤは早くすり減ります。

 

自動車のタイヤであれば、3万キロとかで交換時期が来ますが、原付バイクの場合は、1万キロも走ればスリップサイン(タイヤの溝ばなくなってた印)が出ます。

 

自動車のタイヤ径よりも原付バイクのタイヤ径の方がかなり小さいので、同じ距離を走るにもタイヤの回転数が原付バイクの方が多くなるからです。

 

また、リアのタイヤはフロントよりも早く摩耗します。これは、原付バイクの多くが後輪加重が大きいことと、ブレーク性能がリアの方が高いことが理由です。

 

耐用年数は?

タイヤはゴムでできていますので、使用しなくても劣化してゆきます。

 

輪ゴムも年数が経つと固くなって、すぐに切れてしまいますよね。

 

一般的なタイヤの耐久年数は3年、と言われています。

 

当然こちらも、バイクの保管方法によっても変わってきます。

 

屋根付きのガレージで保管するのと、雨ざらし・炎天下で保管するのでは、タイヤの劣化速度が大きく異なります。

 

タイヤは時々、目で見てチェックする必要があります。ヒビ割れや傷があれば、早めにタイヤ交換を行いましょう。

 

タイヤ交換費用はどれくらい?

 

原付バイクのタイヤ交換にかかる費用は

・タイヤ代
・工賃(技術料)
・駆動系の診断料

等で構成されます。(お店によって異なります)

 

タイヤ本体の価格は、スクータータイプの国産品で\2000円/本〜¥7000円といったところです。

 

アジアンタイヤなどは1本千円台から購入できます。

 

工賃は1000円〜20000円/本あたりが相場です。

 

前後のタイヤを両方交換すると、大体1万円〜1万5千円位かかってきます。

 

タイヤ交換時期?っと思ったら調べてみよう

 

以上のように、原付バイクのタイヤ交換も結句応な費用が掛かります。

 

タイヤの交換時期ということは、他のパーツ(ベルトやブレーキシューなど)も交換時期にある可能性も高いです。

 

そろそろ、バッテリーの交換も必要かもしれません。

 

これから色々と部品交換に、お金もかかりそうな時期にきています。

 

「このまま乗り続けるか?買い替えるか?」ということも頭によぎりますよね。

 

そんな時には、愛車の査定価格を調べてみてはいかがでしょうか。

 

「今の状態でいくらで売れるのか?」を把握していれば、部品交換にかけるお金との比較ができます。

 

また、思ったよりも高く売れるので「この機に買い替えだ!」ということもありえます。

 

愛車の査定相場はこちらで簡単に調べることができます。

 

バイク買取一括見積り

 

複数のお店に見積もりを依頼できますので、最高額で買ってくれるお店も見つけることができます。

 

タイヤ交換の前に、一度調べてみてはいかがでしょうか。